June 18, 2009

スゴクヘン

不朽の名作×人気漫画家!『BLEACH』作者が『地獄変』表紙を描き下ろし

20090617-00000003-oric-ent-thum-000こういう企画って、一体誰が考えてるんでしょう。
活字離れが叫ばれている中、不況に喘ぐ出版業界の努力の形骸は見受けられますが、このような迎合の仕方で果たして良いものなのでしょうか。

「芥川って言うとほら、きっと難しくて漢字がいっぱいで読みにくそーとか思っちゃうよね。うんうんわかるよー。でもさ、ほら、表紙見てみてよ。ね?なんか面白そうでしょー?」

みたいな?

小説の素晴らしいところは、文章のみによって各々がそれぞれのイメージを自由に想起できることだと考えています。

作家によっては装丁にとてもこだわる方もいらっしゃるし、中には自分でデザインする人までいるそうです。

もちろんかの昔、竹久夢二という画家が人気を博していた時代、彼が装丁したり挿絵を書いた小説が飛ぶように売れたという話は有名です。

しかしそれとて、決して作品の世界観を偏らせ、固定してしまうほどの「悪目立ち」はしていなかったはずですし、あくまで物語世界に即し寄り添う装飾的なものであったはずなのです。

本が売れなくなったこと自体は確かに憂えるべき由々しき問題だとは感じていますが、的外れな努力は、かえって本来読者(=消費者)として掴むべき層の人々に、気恥ずかしさと違和感を覚えさせているだけなのではないでしょうか。

特に死して100年を迎える小説家が多くなる昨今、著作権も切れ、テキスト自体の二次使用すら無際限に許可されてしまっている今日では、カバーイラストを考えるとき、作者の意図など気にする人間など、殆ど皆無に近いのでしょうね。

いとかなし。

4101025029地獄変・偸盗 (新潮文庫)
芥川 龍之介
新潮社 1968-11



spb-0039 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ホンノコト 

May 28, 2009

ワタクシゴトですが

っていうか、ブログはもれなくワタクシゴトなんじゃというツッコミはスルーさせていただきつつ。

mixiの方でのマイミクに、『石原モータース』という人が加わりました。
何を隠そう、いや、隠すつもりはございませんが、これは私の実父です。

父が曲がりなりにもネットを見たりメールをやりとりするようになったのは、かれこれ8年ほど前になるでしょうか。
どういうきっかけだったか、ある日突然パソコンを始めるんだと言い出したのです。

当時の父は60過ぎ。まさに六十の手習いです。

私がPC好きだったため、家には起動可能な余剰PCもあり、環境は即座に整いましたが、かといって一朝一夕に使いこなせるようになるものではありません。

しかし、なにが父を動かしたのでしょうか、父のPC操作の腕はぐんぐん上達していきました。

そうそう、たしかきっかけは、日本ではなかなか入手できないバイクの部品を探したいとかいうことだったように思います。
ミクシーネームが示すとおり、父はバイクの職人なのです。

「いつもお金にならない仕事ばかり引き受けて」と、母にはぶつぶつ言われつつも、いつでも若い男の人たちに囲まれて、ほとんど部品代だけや、時には持ち出しで、その人たちのバイクを直したりカスタムしたりしてあげていたものです。

娘である私には理解できなかったのですが、父の技術は相当高いらしく、バイクの専門雑誌にも度々取り上げられていました。
同じ仕事仲間からも師匠のように崇められ、その人たちの手に負えない加工も引き受けたりしていたようです。

父の作業場には使い方の見当もつかないような機械が所狭しと並べられ、壁一面にはありとあらゆる形の工具がまるで聞き分けの良いコウモリみたいにぶら下がって出番を待っていました。
作業場の奥に進むと、戦前や戦後を思わせる古い古いバイクの本体やエンジンが、無造作に置かれています。

日中はほとんどつなぎの作業着を着て、その埃くさい場所で、オイルやら鉄くずやらにまみれた顔と手で、もくもくと作業をしていました。
バイク好きの仲間が来ているときは、元々歳をとり忘れているような風貌が更に若返って、まるで少年に戻ったようにも見えたものです。


そんな父が脳溢血で倒れたのは、今から6年前でした。


不幸中の幸いというべきか、生命はとりとめ、言語中枢や記憶を司る部分にも損傷はありませんでした。
しかし、左半身は完全に麻痺してしまったのです。
寝たきりにはならずにすみましたが、車椅子なしでは外出できない体になってしまいました。

父は気丈な人ですから、今までに泣き言や弱音を吐いたのを聞いたことはありません。
それは倒れた後ですら変わりません。
ですが、仕事と趣味の境目もなく、生涯を捧げてきたものを瞬時に奪われるということがどんなに過酷なことなのか、それがたとえ身内の話でなくとも想像するにあまりある出来事です。

倒れた当初はリハビリで元通りになるという希望もあったでしょう。
しかし6年もの歳月が流れた今となっては、普通の感覚を持ってしてですら難しい加工をこなせるまでに回復するのは、極めて不可能に近いことだと思います。

でも。

私はあきらめては欲しくないのです。
元通りでなくてもいいのです。
無様でもいいのです。
私の父はバイク職人ですと言いたいのです。


そんな願いをこめて、父をmixiに招待してみました。
コミュを通じて、父の想いを伝えることができたら。
父の技術を、知識を、必要としてくれる人と知り合えたら。

とかく暗い話題の方に目が行きがちなネットの、明るく未知なる可能性の部分に期待を寄せてみたいと思うのです。

http://www.pietra.com/motors/
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=849426&media_id=17

spb-0039 at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タワゴト 

March 08, 2009

新婚合宿

なんのことやら、なタイトルですが。

入籍から遅れること3ヶ月強、2月28日より8日間の新婚旅行に行ってきました。

が。

正確に言うと旅行ではなく、完璧にスキー合宿の様相を呈しておりました。


場所はスイス・ツェルマット。
「2人とも行ったことがない国」というチョイス。
ほぼ消去法に近いです。

ツェルマットにはミラノから長距離バスと登山電車でアクセスします。
遠いです。

しかしさすがのアルプスリゾート。
どこの国とも違います。
空気が違います。(綺麗、そして酸素が薄い)
言葉が違います。(ほぼ英語が通じますが、ドイツ語とスペイン語とイタリア語とフランス語がそこここから聞こえます)
そして物価が違います。(スイスフラン、めっちゃ高!)

ようやく、という感じでホテルに到着したのは現地の明け方。
アルプス山脈が朝焼けに浮かぶ景色を楽しむ余裕も無く、KO。

数時間の仮眠の後、いよいよスキー。
オットはスノボ。

戦闘開始です。

sw1











B000H7J7WSVICTORINOX(ビクトリノックス) スイスメモリー AL2GB 0.6021.26G2
VICTORINOX(ビクトリノックス)




spb-0039 at 03:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タビノコト 

February 02, 2009

ことせん

いやー、久々に触れました。
心の琴線に。
(※注・きんせん、と読みます。あたりまえですが)

hp

なんか3倍くらい早そう。(←なにが?)

OSがXPっていうのもニクいです。
まるで「買え」と言わんばかりです。


というか、もう予約してあります。(てへ)


B000FVGNLEChina Chic
China Chic
2006-05-30




spb-0039 at 02:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タワゴト 

January 08, 2009

あけました

おめでとうございました。

「ホームページ」だったころからかれこれ10年近く毎年こんなこと書いてます。
が、年々遅くなってるような。
こうなったら行けるとこまで行くつもりです。


ええと、スキーに行ってまいりました。

遊んでばっかりいるみたいですが、そんなことはありません。
はずです。
説得力ゼロですが。

新潟は街をあげてアレ一色でした。
すごいね、大河ドラマ。
景気対策とかって低額…じゃない、定額をちまちま給付するより
各都道府県のドラマを作ったらどうでしょうね。

4149233500天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)
火坂 雅志
日本放送出版協会 2008-12




天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック)
天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック)
日本放送出版協会 2008-12
売り上げランキング : 59817


Amazonで詳しく見る




spb-0039 at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヒビノコト