March 2008

March 29, 2008

本気と書いてマジと読む

ワタクシ、母校大好きな人間でございますもので、折々に大学から送ってきてくれる
学会誌などにはもれなく眼を通しております。
今回は仲の良かった女の子の博士論文などが載っていて、非常に嬉しく読みました。

が…。

巻末の『卒業論文題目一覧』を読んでいて、バケツ一杯分くらい、
はっと息を呑んでしまいました。 (by.村上春樹氏)

『万葉集』『源氏物語』『枕草子』『世阿弥能楽』『井原西鶴』『川端康成』
『芥川龍之介』『谷崎潤一郎』等という馴染み深い研究対象にまじって、
もっと馴染み深い単語を発見してしまいました。


   『電車男』からみる現代の2ちゃんねる言葉


ああ、もう、つっこみどころ万歳過ぎて、青息吐息です。

「現代の」ってなによ!
だったら「古代における2ちゃんねる言葉」とかあんのかよ!
っていうか由緒正しい学校でわざわざ研究した題目がそれかよ!

そもそも誰か止めようよ。
誰だよ指導教授…。

4101304718電車男 (新潮文庫)
中野 独人
新潮社 2006-12



spb-0039 at 03:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヒビノコト 

March 27, 2008

基本スルーで

いつもにましてノロケ風味満載ですので、鼻につく方はお先にどうぞありがとう。


「スノボ行かない? ああスズはスキーでいいけど」

「週末?」

「いやもっと先」

「ゴールデンウイークとか?」

「ううん、夏休み」

「どこ?!」

「ニュージーランド」

「え?」

「ヘリをチャーターして山頂から」


はじめて誘われた旅行が海外。
しかも人生初の赤道越えになりそうです。

spb-0039 at 03:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヒビノコト 

March 12, 2008

萌え

最近ようやく実感できるようになりました。

「萌え」

初めて聞いたときは可燃性のゴミのことしか連想できなかったものですが。


先日、ワタクシの超個人的な萌えポイントを発見しましたのでご報告しておきます。


男の人に大き目のマグカップにコーヒーかなんか入れてあげて、
「熱いよ」と言っているにもかかわらず、片手で持ち手じゃないところを
ひょいっと受け取って平気で飲まれたりすると…。

ああっ、もうっ! (悶絶)

猫舌さんにはできない芸当ですね。

spb-0039 at 03:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヒビノコト 

March 11, 2008

さきほど

帰宅したコイビトが突然こう申しました。

「ひらめが痛い」

足にあるヒラメ筋という筋肉のことらしいです。



だから、わからないってば。


spb-0039 at 03:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヒビノコト 

March 10, 2008

どこだそれ

昨日コイビトにマッサージをするという話をしましたが、
まあ普通はたいがい「いたた」とか「きく〜」とか言いますよね?

しかしながらワタクシのコイビトはいちいち
「あ〜! そこ! 傍脊中筋! 傍脊中筋〜!(ボウセキチュウキン)」
とか、わけのわからない痛がり方をします。

その他にもよくわからない体組織名を口にして騒ぐので、
「いいから黙って痛がってなさい!」と叱り付けては
日々ぎゅむぎゅむと揉んでおります。


spb-0039 at 03:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヒビノコト