October 23, 2008

アベフユミ

阿部芙蓉美 『群青』



はじめて彼女を見たのは確か2007年だったかな。
某レコード会社が主催する、業界人ONLYのコンペティションでした。
一応LIVE形式ではあったものの、客席は年配のオジサマ方が中心で、
みんなして難しい顔をして腕組みなんかしちゃったりして
ほとんど微動だにせずステージをじーっと睨んでいるわけですよ。
演奏している方々は、さぞややりにくかろうと、
まあヒトゴトながら非常に気の毒に思ったものです。

数人のアーティストが次々に楽曲を披露したのですが、
そのなかでひときわ輝いていたのが彼女の透明な歌声。
空気と空気の間をそっとこすり合わせるようなビブラートとしなやかな音階。
決して力まず、伸びやかに、そしてしっかりとした自分の言葉で
きっちりと世界を歌い上げていました。

声の感じはちょっとUAに似ているかな?
なんだか冬っぽい歌声だな。
そう思って資料を見たら、やっぱり北海道出身だそうな。

自説ですが、音楽性と気候って、密接に関係しているんじゃないかと愚考します。

B0015NQB5Yブルーズ(期間限定生産盤)(DVD付)
阿部芙蓉美
FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT,INC(PC)(M) 2008-04-30




spb-0039 at 10:23│Comments(1)TrackBack(0)タワゴト 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by maigon   May 31, 2009 18:07
ほんとに更新してないねーw

文章は読みやすくって面白いよ!子供が寝たらもっとゆっくりじっくり読みまする。今日は久しぶりにたくさん喋れて楽しかったよ〜^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字