July 07, 2009

ワールドワイド・ネイバー

最近お気に入りのサイトに
決断ポトフ
というトコがありまして。

日々さまざまな試みにチャレンジしている「そらの」という女の子が
健気ながらもなかなかにしたたかで好きなのです。

そこではなんと、リアルタイムで彼女が仕事をしている様子を
ダダ漏れ配信してしまうというマジスゲ〜!なことをやっちゃっています。

まだ試行錯誤の段階らしいですが、とにかく同時刻にサイトにアクセスしている人
同士がチャットできたりもするのです。

そして本日、ちょっとだけですが会話を交わした方から、
Twitterでフォローをしていただけまして。

コレだけだったら
「また人の輪が広がったなあ。ネットとは日本全国のみならず、
世界中のステキな人たちと知り合える可能性をまだまだ秘めたツールであることよ」
という感想で終わるのですが。

その方のプロフィールを拝見してびっくり。
いや、ほとんど驚愕に近いです。

なんと、私たちの住むマンションの隣のビルの会社の社長さん。

それがわかってお互い
「え〜!」
「え〜!」
と言うしかないと…。

だって共通点があることを全然知らずになんとなくコンタクトを
取りはじめたんですから。

世界はマクロでミクロ、グローバルにてニッチだと改めて実感。

「シンクロシニティー」とか言うんですよね。

損得勘定では全く無く、純粋に人との繋がりは生涯の財産。
青い鳥は本当に身近にいるものなのかもしれません。


株式会社人気組


4767311608ニッチを狙え!―「小さな大企業」はこうして生まれた
安田 龍平
経林書房 2005-08



spb-0039 at 07:07│Comments(0)TrackBack(0)ヒビノコト 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字